tonkatuのおしゃべり

tonkatuのおしゃべり

方向性を決めないという方向性

Mac トラックパッドでダブルタップしてドラッグできるようにするなり。けど使いづらいなり。

環境

Mac Book Pro Sierra 10.12 .2

前置き

一週間くらい前にTouch Barつきの新しいMac Book Pro が届いた!

今まではwindows機にUbuntu入れたのをメインで使っていて、Macを使うのは初めて。あと、英字配列キーボードデビューも果たした。だから何かと慣れない点が多くて、今も日本語とローマ字の切り替えがおぼつかないまま記事を書いている。ちなみに左⌘キーをローマ字、右⌘キーを日本語入力にしている。(この設定方法もけっこう手間取った。Karabiner がmacOS sierra では使えないという悲劇。ラボの先輩に ⌘英かな を教えてもらったあとは即解決!)

え、トラックパッドのドラッグ使いづらい...

そんなこんなでMacの環境と整えていった僕が次に思ったのが、トラックパッドでのドラッグ、Drag & Drop をダブルダップで行いたいということ。具体的には、2回目のタップをしたあと、そのまま指を離さずに移動することでドラッグを行いたいという意味。その設定はシステム環境設定の トラックパッド > ... ではなく、 アクセシビリティ > マウスとトラックパッド > トラックパッドオプション > ドラッグを有効にする にあった。なんで トラックパッド > ... にまとめとかないねんというツッコミは置いといて、これを有効にすると、さらにオプションでドラッグロックを有効にするか否かオプションが用意されている。

f:id:tonkatu05:20161228192520p:plain

ドラッグロックを有効にすると、ダブルダップをしてスライドした後、もう一度タップすることでドラッグを完了させる挙動になる。もう一度タップしない限りカーソルに対象がくっついたままなので誤動作が少ない。

ドラッグロックを無効にすると、ダブルタップをしてスライドした後、指を離すとそのままドラッグが完了する。こちらの方が自然で早く動作を完了できる。

以前Ubuntu で使っていた設定と同じっぽいのは後者なので、後者を使おうとしたのだが、一つ問題が発覚した。

それは、ディレイ。遅延。ありえないほどの遅延。のろまな遅延。遅延。ちえんちえん。chain。(壊れた)

どういうことかというと、先程、”指を離すとそのままドラッグが完了する”と書いたが、指を離してからドラッグが完了するまで1秒ほどの遅延があるのだ。最初は、”なんだこれ、バグか?”と思ったがこれは仕様だった。この仕様があることで、指を離してからすぐに再度スライドを開始すれば対象を掴んだままになるので、長い距離とかドラッグできて良いねということらしい。

僕としては、はっは〜ん、余計なことしてくれたなって感じ。トラックパッドの感度最大にしてるからワンストロークで届かない場所なんてないんだよね〜。

あと、どうせならドラッグロック中はドラッグロック中っぽいカーソルのアイコン用意して表示してもらえたら良いのにな〜。ってアッポーに言いたい。

ということで、ディレイ0にする方法ないかな??だれか〜。

修正

ただのドラッグに当てはまることをドラッグアンドドロップと書いてしまっていたので、表現を修正した。 ドラッグとドラッグアンドドロップの違いはおそらく指の動きは関係なくて、操作する対象の問題だよね。例えばファイルを引っ張って落とす動作はドラッグアンドドロップだけど、テキスト選択をするときはドラッグって言うんだろうね。