tonkatuのおしゃべり

tonkatuのおしゃべり

方向性を決めないという方向性

突然Gitが必要になった時に(Windows, Mac)

近々Gitを使ったプロジェクトを始めるので

初めて使う人がサクサク環境を整えてもらうためだけ

この記事を書こうと思いました。 

 

  • 共同作業でGitを使うことになった。
  • 趣味でとりあえず始めてみようと思った。
  • Gitってなんだ!早く始めさせろ!

 

そんな方向けです。さあ、さっさとGitを始めましょう。

 

Step0 Gitって何?

Gitとは数あるバージョン管理システムのひとつです。

バージョン管理システムとはファイルの変更履歴を管理するシステムのことです。

Gitをうまくを使うことで共同作業がはかどります!

 

...と言っても分かりにくいと思いますので以下を参照してください。

www.find-job.net

 

Step1 Gitのインストール

Macの人は既にGitをインストールしてあるかもしれません。

ターミナルでgit --version

と打ってGitのバージョンが表示されれば

既にインストールが完了しているので次のステップに進んでください。

ここからGitがダウンロードできます。

http://git-scm.com/

右下にあなたのOSに合った最新versionのダウンロードボタンが表示されてると思います。

f:id:tonkatu05:20150427234035p:plain

 ダウンロードボタンをクリックするとインストーラが落ちてきます。

完了したらインストーラを実行してください。

色々聞かれるかもしれませんが、安定のデフォルト設定で進めてください☆

 

インストールが完了しました。

Windowsの方はGitBashが

デスクトップにできていたりするので(なければすべてのプログラムとかから)、

とりあえず立ち上げてみてください。

 

黒い画面が出てくるはずです。

怖いと思ったらすぐ閉じてください。

 

Step2 SourceTreeのインストール

 次にGitのGUIソフトであるSource Treeをインストールしましょう。

これで黒い画面での操作とおさらばして

明るく楽しい(?)画面で操作できます。

 

ん?ちょっと待った!GitはCUIが基本だろ?

GUIなんて使ってると馬鹿にされるやい!

 

と思う人もいるかもしれませんが、

最初はGUIで何が起きてるか図を見て把握できた方がとっつきやすいです。

 

ではここからSourceTreeをダウンロードしてください。(Windows, Mac対応)

http://www.sourcetreeapp.com/

中央のダウンロードボタンを押してください。

f:id:tonkatu05:20150427234649p:plain

 

インストーラが落ちてきますので実行してください。

インストールが完了したらSourceTreeを実行してみてください。

(初回起動した際Mercurialが見つからないと言われるかもしれませんが、

Mercurialを使わないを選択してください)

すると名前とメールアドレスやもろもろの設定を要求されると思います。

 

名前とメールアドレスはgitを使う上で必要な情報となります。

必ず正しく設定しておきましょう。

名前は本名でなくて大丈夫ですが、なるべく分かりやすい名前が好ましいと思われます。

 

これでGitを使う準備が整いました!

今回はここまで。以上、楽しいGitライフを!

 

 

追記

Step3 Githubアカウントの取得

Gitを便利に使うためにGitHubのアカウントを取得しましょう。

Githubに登録するとGithub上のリモートリポジトリを利用できます。

 

複数人でバージョン管理をする上でリモートリポジトリは必ず必要になります。

f:id:tonkatu05:20150430171832p:plain

 

リモートリポジトリを利用した作業の流れは上図のような感じです。

1.ローカルリポジトリに内容の変更を記録します(commit)。

2.共有したいローカルの変更をリモートリポジトリに送ります(push)。

3.リモートリポジトリの内容は誰でも自分のローカルリポジトリに持ってくることができます(pull)。

 

このcommitpushpullを繰り返すことで開発を進めていきます。

(実際にはもっと複雑な仕組みです)

 

何はともあれGithubのアカウントを取得しましょう!

https://github.com/

手順はとても簡単です。

  1. 右上のサインアップをクリック。
  2. Usename(ID)、メールアドレス、パスワードを聞かれるので入力。
  3. Create an accountをクリック
  4. 料金プランを聞かれるのでfreeが選ばれていることを確認する
  5. Finish sign upをクリック

これで登録は完了です。Githubを使えるようになりました!

検索窓に適当な単語を入れてリポジトリを見て回ると良いでしょう。

 

なんだかGithubを使ってるだけでプロになった気分になりませんか?('ω')